アパート経営にはノンリコースローンです

貸付方法にはノンリコースローンとリコースローンとがあります。 一般的に日本の住宅ローンなどはリコースローンが主流です。 この2つの貸付方法の違いは住宅ローンでいえば債務者がローンの支払いができなくなった場合に担保となっている住宅を売却した場合に差がでます。 日本での主流のリコースローンでは売却しても残った借金を支払わなければなりません。 しかし、ノンリコースローンの場合、売却後に残った債務を支払わなくても良いのです。 残った債務を返済し続けなければならない従来の借り方よりも借りる側には非常に高いメリットがあるわけです。 しかし、残った債務がなくなるわけではないですから、必然的に貸した銀行などがその債務を負うことになるわけです。 したがって、融資を得る審査などが当然、厳しくなることは誰でも予想がつくことでしょう。 単純にお金を借りるだけではなく、こういった知識があると助かります。 さらに金利も割高になりますから、分かりやすい数字である金利が高めになりますから、日本では主流にならないのかもしれません。 そんなノンリコースローンの借入方法が非常に有効に機能するのがアパート経営などです。 アパート経営で利益を得られれば高い金利のデメリットも緩和できるどころか正しく経営ができれば利益の方が上回ります。 心配なのはちゃんと経営できるか?ということです。 経営がうまくいかなければ物件を売却すれば借金を背負うこともありません。 融資側も高い金利利益を得られ、たとえ、経営に失敗し物件が売却されることになっても収益性の高いアパートなどなら高額で売却することが可能ということになります。 融資側も借入側もウィンウィンのシステムだと考えられます。